手軽さ重視の2馬力艇!
準備・片付けがとにかく早い!

BWE265Light-T Special

エアーフロアに代わり、装着したまま収納できる「ウッドロール」仕様なので、とにかく準備・片付けが楽なモデルです。

本体は膨らませるだけで完成し、収納は空気を抜いて丸めるだけで完了します。

釣り場について「とにかく素早く準備して、素早く撤収する!」スタイルにピッタリなモデルです。

 

強さに関しては、2馬力クラスでは最強のPVC生地(0.9mm厚・1000デニールポリエステル基布)を採用し、穴あきに対する強さはクラス最強です。

最も傷のつきやすい船首裏と船尾裏の船底部分は、ボートと同じ生地を広範囲に貼り付けて補強することで、徹底的に穴あきを防止しています。

寿命年数に直結する、最も重要な空気を止めているボディの貼り合せ部分は、ごく一部を除き、一般的なボンド接着ではなく、劣化に対して最も強い「熱溶接」で溶着していますので、耐久性に優れています。

強い生地を採用したり、貼り合わせを溶接にすることで、生産コストは上がるのですが、「丈夫で安心!」は、どうしても譲れない私たちのこだわりです。

 

全長・全幅

2650・1280mm

船内長・船内幅

1880・600mm

チューブ幅

340mm

気室数(本体)

本体2気室

船体重量

31kg

生地厚み・内部基布

0.9mm・1000デニールポリエステル

(1100デシックス)

定員・最大積載量 4人・360kg
チューブ成型方法

熱溶接(タフボディ)

最大馬力

2馬力・トランサム:S・L

船舶免許・船舶検査 不要モデル(2馬力を超えない場合)

価格(税抜) 

88000円

付属品

モーターブラケット・オール145×2・スライドシート750×2・キャリーバッグ(ラウンドタイプ用)・高圧フットポンプ9HP・リペアキット・取扱説明書・保証書

カラーラインナップ

完売しました。
次回入荷予定:2021年8月頃

全国の釣具店様・ネットショップ様にてご予約いただけます。

ホワイトブラック
JAN:
4580634571924

BWE265Light-T Specialの特徴

とにかく簡単「ウッドロール!」

分割している足場である合板は、装着したまま畳めるので、準備・片付けがとにかく簡単に行えます。

収納時は乾かして、空気も抜いて丸めるだけで完了します。

釣り場で少しでも早く浮かべたい方に、おすすめのモデルです。

エアーフロアと比較して、

●膨らませる手間がない

●個別に洗う手間がない

●パンクする心配がない

などのメリットがあります。

*動画のモデルは「BWE265Light-T Special」です。

軽量&コンパクト収納!

イメージ画像

直進性を安定させる船底のキールを、あえて4本に分散させることで、コンパクトに収納できます。

本体を畳んだ際の目安サイズは、「縦40cm、横90cm、高さ35cm」と、全長265cmの船体がこんなにもコンパクトに収納できます。

また、陸上で乾燥させる際も、4本のキールが支えることにより、本体は地面から離れますので、乾燥も早く、汚れません。

あえて2馬力仕様にチューブ径を細目に設計したことで、装備品を含め「31kg」と、軽量化に成功しています。

自由自在にカスタム可能!!

イメージ画像

魚探ベースやチェア、テーブルなど、専用のカスタムパーツを組み合わせることで、さらに釣りやすくカスタム可能です。

取付け・取り外しも工具不要で簡単に行える設計です。

イメージ画像

イメージ画像

船首側にエレキモーターが装着できる!

イメージ画像

イメージ画像

船首側に、別売の「モーターブラケットDX」を装着することで、船首側にエレキモーターが装着できるようになります。操船時、支点である動力が船首側にあることで船首がブレず船体のバランスが安定し、小回りが効きやすくなりますので、とても釣りやすくなります

特に、ポジションを微調整しなくてはいけないルアーフィッシングにおいて、フットコントロールモデルを装着した場合、両手があくメリットは釣果に圧倒的な差がでます

傷に対してめっぽう強い!

傷に対する強さを決定づける生地の厚みは全て「0.9mm」で統一しています。この厚みは、一般的に15馬力以上対応の大型ボートに採用されている生地で、摩耗に対して2馬力モデルとしては圧倒的な強さを保っています。

船体の堅さを決定づける生地内部の基布の材質は、伸びの少ないポリエステル製で、基布の強さは3mクラスでは最も強い「1000デニール(1100デシックス)」なので、生地がほとんど伸びないので、とても堅くなり、引き裂きにも強い船体に仕上がっています。

劣化に対してとにかく強い!

イメージ画像

空気を入れて使用するゴムボート、フローターにとって最も重要で対応年数(寿命)に直結する「貼り合せ部分」の工法を、最終工程のごく一部を除き、一般的なボンドでの接着ではなく、最も安全な工法「タフボディ(熱溶接)」で溶接していますので、溶接部分の空気漏れに関しては劣化によって貼り合わせ部分が大きく開いてしまうバーストの心配がありません。

使用中に発生するバーストの一例です。
PVCボートの場合、貼り合せ部分は前兆もほとんどなく、突然このように剥離してしまいます。 
この部分を再度貼り合わせることは可能ですが、再発の危険性が高いため、修理ができない状態です。この状態がボンド接着で製造されているボートの寿命です。     
(現在は熱溶接で溶着しています)

貼り合せ部分からの
ボンドの劣化による空気漏れです。
初期段階のため、
かろうじて修理が可能な状態です。
(現在は熱溶接で溶着しています)

シート位置は自由自在!

イメージ画像

シート位置はレール上でスライドさせて自由に設置できます。

釣り方や荷物の量、乗船人数にあわせてベストポジションで釣りができます。

セーフティーバルブが標準装備!

本体のそれぞれの気室には、設定した空気圧に達すると自動で空気を排出する安全なバルブを装備していますので、過度な膨張を防止します。(設定圧力は調整可能です)

お電話でのお問合せはこちら

072-834-2380

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。